まいたけのブログ

個人的に面白いと感じたことをちょっと調べて紹介したいと思います。専門家ではないので明らかな間違いなどあればお知らせください。

いよいよトランプ政権誕生!首相と大統領の違いは?各国の指導者について調べてみた

 

 

 こんにちは、日本時間で先日(1月20日)未明にアメリカで大統領就任式が行われたようです。強力な権限を持つ大統領に就任するトランプ氏が、これからどういった施策を行っていくのか世界が注目していますね。

それぞれの国には大統領や首相などの国を代表するような役職がありますが、どういったものがあるのか各国の代表あるいは指導者についてまとめてみました。

 

 

f:id:maitake-k1027:20170122230336j:plain

(写真はジャック=ルイ・ダヴィッドナポレオン一世の戴冠式と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠)

 

大統領(President) 

一般に大統領は、国民によって直接選出される国家元首です。

 

大統領制
大統領は国民に直接選出されるため、リーダーシップを発揮できるよう強力な権限を与えられます。大統領は議会と独立しており、行政の責任を負っています。大統領が議会と独立しているために行政を担う閣僚(大臣)は非議員から選ばれることになります。また、大統領と議会が対立する可能性があるため議院内閣制よりも政治が安定しないと言われます。アメリカ、ラテンアメリカの国々など。


象徴大統領制
大統領は実質的に象徴的な役割しか持たず儀礼的行為などを行います。行政を議会に選出された首相が行っている場合は議院内閣制に分類されます。ドイツ、イタリアなど。


半大統領制
議院内閣制と大統領制の両方を取り入れた政治体制を指します。立法を行う議会が、行政を行う内閣の信任を行い、首相を選出しますが、国民が直接選挙で選ぶ大統領も存在しています。大統領は国民に直接選ばれるため首相の解任権など一般に強い権限を持ちますが、内閣は議会に承認される必要があるため両者がうまくバランスをとって行く必要があります。

フランスが典型的で他にロシア、韓国などが代表的。

国家主席

アジアの社会主義国家である中国、昔の北朝鮮ベトナムラオス国家元首に対して用いられます。一つの党が統治を行っていますが、党首は一般に書記長とも呼ばれます。英語表記ではPresidentとなるため、国家主席は大統領と呼ばれることもあるようです。

 

 首相(Prime minister)

首相は一般に議院内閣制を採用している国に存在しています。議院内閣制では内閣は議会の承認によって成立します。そのため首相も同様に議会によって選出されます。

首相は行政をおこなう最高機関(内閣)のトップで国家元首ではありません。

内閣と議会が完全に独立しているわけではないため内閣と議会の対立が起こりにくいとされています。

 日本やイギリスなど。

 

君主(大統領以外の国家元首

大統領以外にも様々な位の国家元首が存在しています。ほとんどは世襲制ですが、選挙でえらばれる場合もあります。

 

絶対君主制

君主が自由に権力を行使できる政治体制を絶対君主制と言います。

絶対王政もこのくくりに入れられます。

 

立憲君主制

君主の権力が憲法によって制限されている場合を指します。イギリスが典型的でイギリス国王は形式的に行政権のトップであっても、現在は連合王国の象徴としての地位に就いています。

 

一部例外 

イラン

イランには大統領が存在しますが、憲法上では大統領の地位は最高指導者に次ぐとされています。最高指導者は最も優れたイスラム法学者とされ、国民に選ばれたイスラム法学者による専門家会議で選出されます。任期はなく国政全般の最終決定権を持ちます。元首は実質的に大統領と最高指導者に二分されています。

 

サンマリノ

サンマリノには2人の元首が存在しています。

イタリアに囲まれた小さな都市国家であるサンマリノでは、権力の集中を防ぐために議員による互選で6か月ごとに元首である執政が2人ずつ選ばれています。

 

スイス

スイスには7人の大臣からなる連邦参事会が行政を担っており、連邦参事会自体が政府の長で国家元首とされています。参事会の中から毎年持ち回りで連邦大統領が決められていますが、議長程度の役割しか持っていないようです。

 

マレーシア

5年に一度各州の首長(スルターン)から互選で国王が選ばれます。

国王が世襲でなく任期が決まっているという、珍しい制度をとっています。

 

 

以上、いくつかの国についてまとめてみましたが、政治制度は国によって千差万別であるため一般性、共通性を探すのが難しいことが分かりました。

気になった国の政治制度について調べてみると面白いと思います。