読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まいたけのブログ

個人的に面白いと感じたことをちょっと調べて紹介したいと思います。専門家ではないので明らかな間違いなどあればお知らせください。

インド洋にて、失われた大陸「マウリティア」の地殻発見か?アトランティス大陸、ムー大陸って結局なんだったの?

モーリシャス島で噴出した溶岩から30億年前のジルコン結晶が発見され、これがかつてインドからマダガスカルまでをひとつなぎにつないでいたとされるマウリティアに由来するのでは?という論文がnature communicationsに載せられています。

マウリティアは7.5億年前に存在し、超大陸ロディニア」の一部を形成していたのではと推測されていますが、これまで物証は見つかっていなかったようです。

マウリティアに関する図などは以下に載っているので気になる方はどうぞ。

 

www.nature.com

 

 以下脱線

失われた大陸といえばむかし流行った伝説の超古代大陸「アトランティス」や「ムー」なんかを思い浮かべませんか?

 

アトランティス大陸ムー大陸って何だったのか?

 アトランティス大陸というと一般に、

  • 1万2000年以上前に大西洋に存在した現代文明をはるかにしのぐ超古代文明とされる。
  • リビアとアジアを合わせた大きさでオリハルコンと呼ばれる超金属を自在に操った。
  • 1万2000年前に地震と大洪水によって1夜で海中に没した。

とされています。

まずアトランティス大陸ですが最初に記述を行ったのはギリシャの哲学者プラトンとされています。

プラトンといえばソクラテスの弟子でアリストテレスの師とされ、イデア論を唱えた人ですね。イデア論というとあらゆる物事には本質が実在している、っていうやつですね。みんなが見ているのは洞窟の影絵だから外のイデアの世界を気づかせよう、、、とした人、とnhkの「100分de名著」という番組で紹介されていたような気がします、、。

このプラトンアトランティスについて”全面的に真実の話であるとして”「ティオマイオス」「クリティアス」に記しています。

ただ様々な寓話なども”全面的に真実の話”として紹介されているので、この記述が史実だと認める証拠はないと考えていいようです。

 

つづいてムー大陸ですが

  • 1万2000年以上前に太平洋に存在した現代文明をはるかにしのぐ超古代文明とされる。
  • 大陸は数千キロメートル四方の大きさで国民は建築や航海の技術にすぐれていた。
  • 1万2000年前に地下で起きた爆発によって1夜で海中に没した。

なんとなくアトランティスと似ているような、、、、

ムー大陸の発見秘話ですが、マヤ文明の研究をしていたフランスの神父シャルル・ブラッスールは1864年に「ユカタン事物記」を発見します。当時マヤ文字は解読されていなかったのですが、古い文献である「トロイア古写本」をもとに独自の解読を進めました。

彼は一対のシンボルに着目します。

「この文字はアルファベットのMに似ている」

「もう1個はアルファベットのUに似ているような。」

「わかったぞ!!この2つの文字は失われた大陸の名前を表すに違いない」

君の名はその大陸の名は、「M+U」、つまり、ムー。ここに誕生。

なんでそんないい加減な話が広まってしまったのか謎が残ります・・・

その後マヤ文字の解読研究が進み、トロイア古写本はただの占星術の本であることが分かりました。めでたしめでたし。